2021年度「スポーツ×豆乳キャンペーン」 埼玉県立滑川総合高等学校

2021年度「スポーツ×豆乳キャンペーン」では、埼玉県立滑川総合高等学校の827人の皆さんへ「からだ作り」をサポートする豆乳を提供いたしました。

日々、各部活動に励む埼玉県立滑川総合高等学校のみなさんを応援しています。

滑川総合高等学校①

滑川総合高等学校②

2021年度「スポーツ×豆乳キャンペーン」 奈良県立大和広陵高等学校

2021年度「スポーツ×豆乳キャンペーン」では、奈良県立大和広陵高等学校の皆さん350人へ「からだ作り」をサポートする豆乳を提供いたしました。

日々、各部活動に励む奈良県立大和広陵高等学校のみなさんを応援しています。

大和広陵高等学校①

大和広陵高等学校②

2021年度「スポーツ×豆乳キャンペーン」 沖縄県立沖縄水産高等学校

2021年度「スポーツ×豆乳キャンペーン」では、沖縄県立沖縄水産高等学校の753名の皆さんへ「からだ作り」をサポートする豆乳を提供いたしました。

沖縄県立沖縄水産高等学校では新型コロナウイルスの影響で大きな行事が中止になっていましたが、落ち着いてきた現在は新たな行事を企画中とのことです。

日々、各部活動に励む沖縄県立沖縄水産高等学校のみなさんを応援しています。

沖縄水産高等学校①

沖縄水産高等学校②

沖縄水産高等学校③

酒田南高等学校で豆乳食育移動教室を開催

11月9日、山形県の酒田南高等学校に、日本豆乳協会杉谷事務局長が訪問し、2021年度、第三回目の「豆乳食育移動教室」を実施しました。

酒田①

万全な新型コロナ感染症対策を施した上で、1年生の皆さんに大豆製品の歴史や、DVDによる豆乳の製造工程の紹介、また、各種豆乳の試飲を交え、豆乳全般について講義を行いました。

酒田②

杉谷事務局長はマスクを着用し、生徒の皆さんと十分な距離を取った上で、豆乳についてじっくり説明しました。生徒たちも興味深く説明に聞き入っていました。

試飲の際には、4種類の豆乳の中から自分が気になる豆乳を選び、実際に飲んだ感想について周りの生徒同士で意見を交換していました。生徒の皆さんには、豆乳に対する理解をさらに深めていただいたのではないでしょうか。

酒田③

酒田南高等学校の伊藤先生と吉住先生、そして生徒の皆さん、豆乳食育移動教室にご参加いただき、ありがとうございました。

2021年度「スポーツ×豆乳キャンペーン」 飯山高等学校

2021年度「スポーツ×豆乳キャンペーン」では、長野県の飯山高等学校の585名の皆さんへ「からだ作り」をサポートする豆乳を提供いたしました。

日々、各部活動に励む飯山高等学校のみなさんを応援しています。

飯山高等学校①

飯山高等学校②

 

長崎県立大村高等学校で豆乳食育移動教室を開催

11月2日、長崎県立大村高等学校に日本豆乳協会杉谷事務局長が訪問し、2021年度、第二回目の「豆乳食育移動教室」を実施しました。

大村1

万全な新型コロナ感染症対策を施した上で、3年生の皆さんに大豆製品の歴史や、DVDによる豆乳の製造工程の紹介、また、各種豆乳の試飲を交え、豆乳全般について講義を行いました。

大村2

杉谷事務局長の丁寧な説明に、生徒たちも興味深く聞き入っていました。また、授業の最後にはミニテストを実施。全問正解した生徒の中から、さらにじゃんけんで勝った2人には豆乳資格試験の対策に役立つテキストを贈呈しました。

この豆乳移動教室を通じて、生徒の皆さんには、豆乳に対する理解をさらに深めていただいたのではないでしょうか。

大村3

長崎県立大村高等学校の酒井先生、そして生徒の皆さん、豆乳食育移動教室にご参加いただき、ありがとうございました。

2021年度「スポーツ×豆乳キャンペーン」 名古屋市立西陵高等学校

2021年度「スポーツ×豆乳キャンペーン」では、名古屋市立西陵高等学校の皆さん600人へ「からだ作り」をサポートする豆乳を提供いたしました。

日々、各部活動に励む名古屋市立西陵高等学校のみなさんを応援しています。

名古屋市立西陵高等学校①

名古屋市立西陵高等学校③

名古屋市立西陵高等学校②

埼玉県立越谷総合技術高校で豆乳食育移動教室を開催

8月11日、埼玉県立越谷総合技術高校に、日本豆乳協会杉谷事務局長が訪問し、2021年度、第一回目の「豆乳食育移動教室」を実施しました。

Skype_Picture_2021_08_13T02_40_00_735Z

万全な新型コロナ感染症対策を施した上で、食物調理科の3年生の皆さんに大豆製品の歴史や、DVDによる豆乳の製造工程の紹介、また、各種豆乳の試飲を交え、豆乳全般について講義を行いました。

Skype_Picture_2021_08_13T02_39_17_942Z

杉谷事務局長はフェイスシールドとマスクを着用し、生徒の皆さんと机を挟みながら、豆乳についてじっくり説明しました。

生徒たちも真剣にノートを取りながら、興味深く説明に聞き入っていました。

また、同校の上野先生の提案により、最後の質疑応答の時間では、“1人1問質問コーナー”を実施。豆乳の消費地域に関する質問から豆乳飲料の種類など様々な質問が挙がり、充実した時間となりました。

生徒の皆さんには、豆乳に対する理解をさらに深めていただいたのではないでしょうか。

Skype_Picture_2021_08_13T02_39_08_284Z

越谷総合技術高校の上野先生、そして生徒の皆さん、豆乳食育移動教室にご参加いただき、ありがとうございました。

豆乳プレゼントキャンペーンを実施

日本豆乳協会は、2021年3月から4月にかけて、2020年の豆乳生産量43万㎘達成を記念して、豆乳プレゼントキャンペーンを実施しました。111

2021年4月16日、日本豆乳協会川村事務局長と杉谷事務局長補佐が抽選し、日本豆乳協会の「加盟企業各社の豆乳セット(200ml、40本)」、そして日本豆乳協会推奨の「豆乳レシピ集」等をセットにした豪華賞品を、計104名の当選者に送付しました。

今回は、合計26媒体のメディアにご掲載いただき、ハガキとインターネットを合わせて、約50000名のご応募をいただきました。

ご応募いただいたハガキを通じて、豆乳に関するエピソードや、心温まるメッセージをたくさんいただきました。皆様、たくさんのご応募、ありがとうございました。

山形県 酒田南高等学校で豆乳食育移動教室を実施

2020年12月17日、年内最後の豆乳食育移動教室を、山形県酒田市にある酒田南高等学校にて実施しました。
授業に参加した40名の生徒は、全員が食育調理コースの皆さん。酒田南高等学校の食育調理コースは「調理」と「食育」両方のプロを目指すコースで、生徒の皆さんは、毎月「集団給食」の実習で給食メニューを自ら考え、調理し、校内で提供するなど、将来を見据えて積極的に活動しています。

コロナ禍が鎮まらない中、日程調整を重ねて、寒い季節での開催が実現しました。当日、北日本は、大雪で多くの便が欠航になりましたが、庄内行のフライトは、予定通り飛び、無事、移動教室を開催することができました。酒田は、一面の雪景色。今回は、参加する生徒の人数が多く、講師の日本豆乳協会川村事務局長と杉谷事務局長補佐は、特に、しっかりと感染症対策を行った上で移動教室に臨みました。

1

酒田南高等学校では、毎年「豆乳レシピ甲子園」や「豆乳資格検定」などにたくさん応募して頂いているなど、豆乳を使った食育に熱心な生徒が多く、皆さん真剣にメモを取りながら講義に耳を傾けていました。
調理実習室では多くのモニターが備え付けられており、豆乳の歴史や成分などについての話のあとに、映像をみながら、豆乳ができるまでの製造工程を解説しました。続いて、異なる種類の豆乳を試飲していただき、それぞれ感想を語ってもらいました。締めくくりに行ったじゃんけん大会は、大きな盛り上がりを見せ、移動教室の講義は幕を閉めました。

2

最後に、代表として生徒のひとりから、講師のふたりに感謝のことばを述べていただきました。窓の外ではひっきりなしに雪がしんしんと降っていましたが、教室内では皆さんの温かい笑顔に囲まれながら、今回の講義も無事に終了しました。

酒田南高等学校食育調理コースの先生、そして生徒の皆さん、豆乳食育移動教室にご参加いただき、ありがとうございました。